利益が出るトレーディングで使える、証明された戦略 2024


櫻井翔

 

トレーディングで利益を出すには、自分のなかでパターンを作ることが大切です。

以下5つの戦略を取り入れると、着実にトレーディングで利益を出していけます。利益を保証するものではありませんが、取引に対して自信を持てます。

  1. 細かく最小・最大金額を定める

細かく最小・最大金額を決めることで、目標が定まり、あらゆる状況での判断がしやすいです。

まずは、目標としている金額がいくらで、その金額に到達するのにどれぐらいの年月が必要なのか、と逆算していきます。

そして1回のトレーディングで最大何%下回る、または上回ったら、損切り・利確するのかを決めるのが大切です。

  1. トレーディングする期間を決める

トレーディングは大きく分けて短期、中期、長期があります。それぞれ投資への挑みかたと使う戦略も変わってくるので注意です。

トレーディングの種類:

短期 - 数秒から数日の間。差額で利益を出す

中期 - 数週間から数ヶ月間。短期間で変化が起きる通貨・株・商品で売買して利益を出す

長期 - 数ヶ月から数年。国や企業、商品への投資に近い

  1. トレーディングする対象を決める

FXには銘柄とペアがたくさんあり、特徴がそれぞれあります。

例えば、南アフリカやシンガポールドルはマイナー通貨と呼ばれ、取引量が少なく流動性が低いです。しかし長期的な成長を見据えるのであれば、長期投資に向いています。

一方で、アメリカドルや英国ポンドはメジャー通貨と呼ばれ、取引量が多く流動性が高いです。リスクは高くなりますが、短・中期的に投資したい人には合っている通貨です。

  1. 情報収集や分析しつづける

トレーディングは、経済状況や人間の心理によって大きく変動もします。

日頃から関連した情報の収集はしつつ、過去のデータを用いて分析し、柔軟に対応することが必要です。

分析するときはモメンタム インジケーターやMACD線がオススメ。様々な角度から今後の値動きを確認できます。

  1. 定めた金額は守る

細かく設定した最小・最大金額は、どのような状況でも必ず守ります。損失を出しても、総合的にプラスになっていれば「損失」になりません。

自分が想定していたのと違う金額で売買すると、始めに定めていた金額からズレていきますし、最悪の場合、大きな損失になることもあります。

決めた金額を守ることで、損失を抑えることが可能です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です