安田レイのメイク・髪型・私服情報まとめ


安田レイ

安田レイのプロフィール情報

生年月日:1993年4月15日

出身地:アメリカ合衆国

身長/体重:165cm/不明

スリーサイズ:不明

血液型:不明

職業:歌手・モデル

経歴:
10歳の頃母親の影響で宇多田ヒカルを聴き、衝撃を受けてシンガーを目指していた。
その後モデルとしての活動を始めた事をきっかけに、13歳で「元気ロケッツ」のオーディションに合格し、2013年に念願のソロデビューを果たす。
第57回日本レコード大賞の新人賞を受賞している。

 

安田レイのメイク方法

安田レイ メイク

初めてメイクをしたのは小学5年生の時に母親のビューラーでまつげをカールした時だそうで、一般的に早い方ではあるが、それだけ美に強く憧れを持っていたのだろう。
そんな彼女のメイク方法から愛用メイク道具まで紹介していく。

ぱっちりアイメイク

大きくて切れ長の綺麗な目が特徴的な彼女の愛めくはナチュラルだけどしっかりしていくのがポイントだ。

アイシャドウは薄いベージュ系のものを二重の幅に沿ってのせていき、際にだけダークブラウンのシャドウでグラデーションを作り、目尻も同じように際にだけのせる。

アイラインは細く引いているのでまつげの生え際に沿って丁寧に引き、目尻は少し跳ね上げる。
大きな目に見せるために重要なまつげは自まつげ勝負。ビューラーをしっかりと当て、ダマにならないように一本一本丁寧に塗っていく。
下まつげは特に束感が出るように意識しながらメイクするとGOOD。

ナチュラルな眉

彼女の眉は少しだけアーチがかった眉で太くなく細くなく、丁度良いナチュラルな眉である。

眉の輪郭をハッキリ見せないように、メイクする時はアイブロウパウダーでアーチ状になるように描き、間も埋めていく。その後は、ブラウンの眉マスカラでしっかりと色付けするとナチュラルな眉の完成だ。

ぷるんとしたリップ

笑った時に口角がキュっと締まり、程良いボリュームのある口元をしている。
リップはピンク系のものが多いようだ。リップバームで保湿してから口紅を塗り、最後はラメなどは入っていないタイプのグロスでツヤを出すと良い。

愛用メイク道具

ベースメイク
・アンプリオリス モイスチャークリーム

ファンデーション
・RMK リキッドファンデーション #201

日焼け止め
・curel UVミルク

アイシャドウ
・MAC グリマーオブゴールド

チーク
・ジルスチュアート No.8

リップ
・イヴサンローラン ルージュ ヴォリュプテ 33
・BURTS BEES ビーズワックス リップバーム

安田レイの髪型

安田レイ 髪型

普段はセミロングでゆるく巻いている髪型が多いようだが、アレンジしても可愛くて女の子らしいものばかり。
セミロング女子には必見のヘアアレンジを紹介していく。

・外国人風カール

まず髪をセンター分けにし、全体をMIX巻きで巻いていき、コテで前髪を下ろした髪に馴染むように巻く。

カール感とまとまった感じを出しているので、カールした髪を交差するようにまとめていく。この時あまりカールがほぐれないようにムースなどを使ってスタイリングするのがオススメだ。
トップにもあまりボリュームを出さないように意識して一体感を出すと良いだろう。

・サイド三つ編み

前髪を顔周りだけ残しサイドで一つひ結ぶ。そこから三つ編みをしてゴムで結んだ後は、編み目を少しずつ引き出して三つ編みをほぐす。ほぐしすぎるとボサボサに見えるので少しずつチェックしがならすると良いだろう。

前髪も少しカールさせると完成。
大きなビジューのネックレスと合わせると夏らしさがより出る髪型だ。

・大人っぽい立ち上げバンク

いつもはカラーがブラウンで明るいイメージの彼女も、こちらでは暗めのカラー少し落ち着いた大人の女性の雰囲気に。前髪を思い切ってかきあげながら横に流すと立ち上げバンクができる。マンネリしがちな髪型に変化を付けたい時に参考になるアレンジである。

・ゆるふわポニーテール

女性らしさがより出るポニーテールは人気の髪型だろう。
まず全体をMIX巻きで巻いておく。前髪は顔周りだけ残し耳より少し高い位置でポニーテールを作る。

結び目をしっかり持って、トップも持ち上げるように引き出しながらボリュームを出すとGOOD。
男性ウケ間違いなしのとても可愛い髪型だ。

安田レイの私服

安田レイ 私服

普段から頻繁に展示会に行ったり、ショッピングをするのが大好きな彼女は、服だけでなく小物や靴まで全てのコーディネートにこだわっている。
オシャレ番長とも呼ばれる彼女の私服を紹介していく。

1番左の私服のボーダーロングカーディガンはevris1の展示会でオーダーしたものだそうだ。
トップスの赤色とバッグの赤色もカラーが統一されていて、すっきりまとまったコーデ。
ボーダーはどんな服でも合うので着まわしもできて良さそうだ。

次の私服はブラックのワンピースにスニーカーを合わせた甘辛MIXコーデだ。
スニーカーはエアマックスのもので、ホワイト×ブラック×ピンクのカラーリングがとても可愛く、本人も気に入っているようだ。
スニーカーはパンツスタイルでもワンピースでも相性が良く、甘くなりすぎないので重宝するアイテムだ。

3つ目の私服のコーディデートのテーマは「サマーバケーション」だそうで、刺繍が可愛いサマードレスに、夏にぴったりの爽やかなグリーンのストローハットを合わせている。
まさに夏らしいコーデで個性があってオシャレだ。
レッドのデッキシューズもアクセントになっていてとても可愛い。

最後の私服は涼しげな花柄のワンピースにピンクのサンダルを合わせたコーデ。
清楚だけど大人っぽくなりすぎず、いつも可愛い女の子の要素を忘れていない女子力の高い私服ばかりである。
ピンクや赤といったまさに女の子のカラーが彼女は好きらしく、私服でもよく登場する。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です