三戸なつめのメイク・髪型・私服情報まとめ


三戸なつめ

三戸なつめのプロフィール情報

生年月日:1990年2月20日

出身地:奈良県

身長/体重:152cm/不明

スリーサイズ:不明

血液型:A型

職業:モデル・歌手

経歴:
2010年頃から地元の関西でモデルとして活動していたが、2013年に上京し「mer」 でデビューを果たす。 現在は「mer」「Zipper」「SEDA」などの青文字系ファッション誌で活躍しており、前髪を極端に短く切りそろえた独特のヘアースタイルがトレードマークになっている。
2015年に中田ヤスタカプロデュースによる自己紹介ソング「前髪切りすぎた」で歌手デビューし、モデル以外にも活躍の場を広げている。

 

三戸なつめのメイク方法

三戸なつめ メイク

三戸なつめのメイクのポイントはナチュラルなメイクであるが、「決してメイクをしない」わけじゃなく、しっかりとベースメイクをした上で、自然に見せるのが彼女流のナチュラルメイクである。

アイメイク

まず、アイホール全体に薄いピンクのクリームシャドウを塗る。 三戸はジルのジェリーアイカラーの003を使っている。

次にマジョリカマジョルカの赤シャドウを目じり側に重ねるが、全体に入れるのではなく目を開けたときに見える部分的に入れるのがポイントである。また、下まぶたについては涙袋全体にも薄いピンクのクリームシャドウを塗る。

そして、ブラウンのアイライナーでアイラインを引く。目尻は目頭と水平になるように2㎜ほどのばし、下のアイラインは黒目の下から目尻まで引いていく。 目頭と目尻を同じ高さのすることで、たれ目の優しい雰囲気が出る。

まつげをビューラーでカールさせ、マスカラ下地を塗ってからブラウンマスカラを長さとボリュームが出るようにしっかりと塗っていく。 ブラウンマスカラを使うときは、白い下地を使うことで発色が良くなる。

ベースメイク

下地とフェイスパウダーで仕上げるのが、彼女のベースメイクの特徴である。
まずピンク系の下地を顔全体に広げて、顔の血色をふんわりと高め、肌トラブルはコンシーラーで隠す。 気になるくすみやトラブルを隠しすぎると浮いてしまうので、適度に隠すことを心がける。

ファンデーションは使わずに、フェイスパウダーをぽんぽんと軽くのせるようにして仕上げる。

チーク

高めの位置にたっぷりチークを入れるのが三戸流。

付け方の順序は次のとおり。

1.チークの付け始めは黒目の下から

2.目尻のすぐ下にある頬骨の部分から、こめかみに向かって幅広く濃い目に付けていく

3.下の方は、ぼかす様に薄っすら付ける

最初からたっぷり付けるとぼかしにくいので、始めは少しずつ付けていって、必要に応じて足しながら好きな濃さにしていく。 全体的に丸く付けるのではなく、幅広く斜め上に向かって付けるのがポイントであり、彼女のような丸顔の人は幅広くチークを入れることで、大人っぽい印象にすることができる。

彼女が使っているチークはCANMAKEのピンクである。

三戸なつめの髪型

三戸なつめ 髪型

三戸の髪型の特徴と言えば前髪で、オン眉という新しいスタイルを築き上げた張本人である。この前髪にボブを合わせるのが彼女の代表的な髪型である。

左上の髪型はそのオン眉の前髪に短めのボブを合わせた彼女を象徴するスタイル。ボブでもかなり短めにしてさらに毛先を巻くのは、彼女ならではある。このような個性的なスタイルが多くの指示を集める理由だろう。

そして右上は三戸のパーマスタイルであるが、髪型としてはソバージュのような細かいパーマがかけられたものである。 長さはさきほどのボブと同じぐらいだが、パーマが髪を軽やかにしている感じなので、非常にフェミニンな雰囲気である。 何と言っても彼女独特の古着スタイルによく合う髪型である。

次の左下はオン眉の前髪にストレートボブを合わたもので、少し毛先を明るくしているのがおしゃれな彼女のこだわりだろう。これまでの髪型に比べるとあまり個性はないが、正統派の美人な雰囲気で男女ともに好かれる髪型だろう。

最後はおだんごヘアにアレンジしているが、髪の色もすごく明るくて、とても女の子らしいスタイルになっている。 この髪型のおしゃれのポイントであるヘアアクセサリーが彼女の雰囲気とかわいらしいを引き立てている。

三戸なつめの私服・ファッション

三戸なつめ 私服 ファッション

三戸は青文字系を代表するモデルらしい古着などを使いこなした私服が多く、本当におしゃれでファッションセンス抜群である。青文字系を目指す女性は必見だ。

三戸はBEAMS BOYがお気に入りで、私服を買うことが多くメガネやキャップなどの小物はBEAMS BOYのものをつけていることが多く、1枚目のものはまさにそれである。 彼女流の私服のおしゃれのルールは「私服の上下どっちかにゆるい服をもってくること」である。

2枚目のブラウスの上にニットを合わせた私服は、ブラウスの白いレースの襟がとてもかわいい印象を受ける。ブラウスはBEAMSBOY、ニットはUnforgetAbleのものである。
スカートは古着で、くるぶしあたりまであるロングタイプなので、うまく全身のコーディネートを演出している。

次のタートルネックのファッションは古着のワンピースとデニムをうまく重ねて私服全体のコーディネートを完成させている。タートルネックはUNIQLO、ニット帽はRay BEAMSのものだ。
胸につけているブローチがすごくいいアクセントになっている。 Hender Scheme × HARUTAのローファーもとてもよくきまっている。

最後はTEATRE PRODUCTSのトップスに、AMERICAN RAG SIEのプリーツスカートを合わせたファッションのこの鮮やかな色使いは彼女らしい。スカートのイエローを中心とした見事は私服コーデだ。 スカートの下のタイツが足元をしっかりと締めている。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です