益若つばさのメイク・髪型・私服・ネイル・ダイエット情報まとめ


益若つばさ

益若つばさのプロフィール情報

生年月日:1985年10月13日

出身地:埼玉県越谷市

身長/体重:150cm/37kg

血液型:B型

職業:モデル・歌手・タレント

経歴:
2008年2月まで雑誌「Popteen」のモデルとして活躍し、彼女が表紙になると飛ぶように売れ、史上最高の売り上げも記録していることから、カリスマモデルと呼ばれるようになる。
の後、結婚・妊娠を機に卒業する。

2007年に彼女がイメージモデルを務めた香水のイメージソングとして歌手デビューもしている。

現在はバラエティーと中心に、アパレル商品・コスメのプロデュースをするなど、幅広く活動している。

益若つばさのメイク方法

益若つばさ メイク

大きな目元に白い肌、まるでお人形さんのような彼女。
ギャルのカリスマだった彼女も最近はナチュラルなものが多い。

濃いメイクでもナチュラルに見える、このドーリーメイク法を大きく3つに分けて紹介していく。

透明感のある、お人形さんのような白い肌

彼女のように白い陶器肌にするには、ファンデーションの塗り方にポイントがある。

まずメイクアップベース1円玉サイズを手の甲に取り、指で薄く伸ばしていく。
次にリキッドファンデーションも同じく指で薄く伸ばしていく。このとき厚塗りしないのがポイント。
リキッドファンデーションの後はスポンジでポンポンと叩くように余分な油分をOFFする。

最後にお粉を塗っていくが、初めはフタに多めに取り全体が馴染むようにのせていく。
余分についたお粉は、リセットブラシではらうと良い。

吸い込まれそうな大きな瞳

彼女のアイメイクの特徴は、大きな瞳にタレ目メイク、涙袋ぷっくりメイクだ。
アイシャドウは濃い色は付けず、薄いブラウン系のものを使用している。
アイラインは薄めのブラックを使い、目の形に合わせて少し太めに、目尻は少しはみ出しタレ目になるように引く。

まつげは束感のあるつけまつげを付けるとより彼女のアイメイクに近くなるが、自まつげでする場合はしっかりとビューラーで上げて束感が出るようにマスカラを塗っていくと良い。

下まぶたの目尻3分の1くらいまでアイシャドウのダークブラウンを引く。
涙袋はピンクラメ系のアイシャドウをのせていく。ぷっくり見せるためには下まぶたのシャドウに気持ち被せるようにしっかりめにのせ、ブラウンのアイブローで涙袋の影を描く。
綿棒などでぼかすとぷっくり涙袋が完成する。

口紅ではなくリップ、グロスでアヒル口に

彼女は口紅をしっかり塗っているイメージはなく、明るめのピンク系のグロスを良く使用している。

まずはファンデーションなどで唇の色味を薄く消していく。
次にリップクリームで整えて、ピンク系のグロスを付ける。
下唇は形に沿うように塗っていくが、上唇は口角の所を少し内側にリップラインを取ると、彼女のようなアヒル口になる。

口紅を使わずに、リップとグロスだけで女の子らしく、可愛い口元になる。
上唇はなるべく内側に塗るように意識するだけでアヒル口になるのは、是非覚えておきたいポイントだ。

益若つばさの髪型

益若つばさ 髪型

モデル時代から金髪ロングヘアにパッツンの前髪がトレードマークの彼女。
最近はギャル感はさほど出ていないが、ロングヘアに巻き髪スタイルは健在だ。

左上の髪型は耳より高い位置でツインテールをしている。毛先だけ緩くカールしてボリュームを出すとより女の子らしくなる。前髪も真っ直ぐ下ろすだけだと、幼い印象になっていしまう為、横に流すと良い。現役高校生とも見える可愛らしい彼女は、とても一児の母とは思えない。

次の髪型は、ロングヘアに飽きて30cm髪をカットした時の物だ。彼女自身「大人っぽく、オシャレな髪にしたかった。」と言っており、ポイントは軽めの前髪と、前下がりボブ。前髪を軽くしておくと、今ある前髪より上の方から髪を取り、長い髪も一緒に横に流すと、横分けヘアにもなると言う2Wayヘアなのだ。毎日同じ髪型でマンネリしがちな方、是非挑戦してみてはいかがだろうか。

左下の髪型はいつものロングヘアだが、金髪のイメージがある彼女とは真逆の黒髪だ。前髪は真っ直ぐ下ろしており、小さな顔に白い肌、大きな瞳でお人形のようだ。

そして最後の髪型は彼女の鉄板スタイルだ。巻き方はMIX巻き。全体的に巻いていくが、内、外と順番に巻いていくよりは、外巻きを多めにすると良い。巻いた後はしっかりとほぐし、ボリュームを出す事も鉄則だ。

 

益若つばさの私服

益若つばさ 私服 ファッション

カリスマファッションモデルとして活躍していた彼女の私服は派手なイメージだが、実際は個性的でシンプルなガーリースタイルだった。
ファッションセンス溢れるコーディネートは若者だけではなく、ママさん達にも大人気だ。

1番左の白いブラウスは胸がざっくり空いている所がポイントだ。
シャツをインしてブルーのチェックスカートをハイウエストで履いている。ボブの髪型とも良く合い、清潔感のある女の子らしいスタイルだ。
また、膝丈のスカートは体型カバーにもなるので、スカートに抵抗がある方でも真似できるファッションだである。
着用しているのは自身のブランド「EATME」の物で、私服でもよく愛用している。

2番目の私服は、ベージュのセットアップにサンダルというラフなコーディネート。
サンダルはブラックとブラウンのシンプルな物だが、無地のベージュのセットアップのアクセントにもなっている。小物にも気を使っており、黒ふちのメガネにブラックのバックで色を合わせてとても統一感のあるコーディネートになっている。
ラフなのでママさんにもおすすめのファッションだ。

3番目はクラシックでカジュアルなワンピース。身に付けている物もすべてブラックとホワイトで統一されている。ワンピースの形はとても可愛いが、ブラックを使う事でシックかつガーリーなスタイルだ。彼女の私服はロートーンの物が多いのがよくわかる。

4番目の私服は、ブラックのローズ柄ワンピースにブラックのブーティを合わせている。スタイルが良く見えるワンピースの形で今流行りの花柄もすごく可愛い。可愛い系が苦手な方でもブラックのワンピースで大人っぽく、女性らしいスタイルに。男性ウケも良さそうなコーディネートだ。

 

益若つばさのネイル

益若つばさ ネイル

みんなが真似したくなる、他とはかぶらないような個性的でハイセンスなネイルばかりの彼女。
やはり一児の母だけあり、ショートネイル派。職場にもしていけそうなシンプルなネイルから、個性的でガーリーなネイルまで幅広く楽しんでいるようだ。

左上のネイルは真っ赤なマネキュアのみ単色塗りで、ポイントとして一本だけハートマークを入れている。
身に付けているアクセはハードな物だが、大人っぽい服装にも合いそうなネイルだ。

次のネイルはローズとバタフライを使っており、パールもたくさん散りばめられている。薬指のパープルがアクセントになっており、セクシーなネイルである。

左下のネイルは、パステルカラーを使ったニット柄のネイルだ。冬にぴったりで、同じ色のニットと合わせるのも良いだろう。シンプルだが季節感があり、とても可愛い。

次のネイルは薄いピンクに薬指だけホワイトという、かなりシンプルなネイルだ。女の子らしさを引き立たせてくれる、ピンクとホワイトの組み合わせは、女子力をもアップさせてくれる。

彼女のネイルは自分でも真似してできそうで、しかも可愛くて驚いた。

 

益若つばさのダイエット方法

小柄で細身の彼女だが、ダイエットは毎日の生活自体がダイエットだと思って生活しているようだ。
毎日体重を減らす事を意識しているそうだ。

ダイエット法は野菜中心の食事を摂ること。野菜を多く取れる鍋をよく食べていたそう。
また体重やサイズの記録もかかさず行っており、ふくらはぎや体脂肪も記録し、少しでも増えると戻すようにしている。

運動法としてはジムに週2回通い、サウナスーツを着て汗を流している。自宅でも腹筋200回背筋100回しているそうだ。
飲み物はお茶か水だけにし、小腹がすいた時はスルメを食べていたようだ。
彼女の細いスタイルをキープできているのは、毎日の意識と努力の賜物だと思う。

やはり努力なしでダイエットはできないんだと、痛感できるストイックさだ。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です