アンハサウェイのメイク・髪型・私服・ダイエット情報まとめ


アンハサウェイ

アンハサウェイのプロフィール情報

生年月日:1982年11月12日

出身地:アメリカ ニューヨーク

身長/体重:173cm/56kg

スリーサイズ:不明

血液型:不明

職業:女優

経歴:
2001年の映画「プリティ・プリンセス」でスクリーンデビューを果たし、全米で大ヒットしブレイクする。
その後「プラダを着た悪魔」を始め、「ラブ&ドラッグ」や「レ・ミゼラブル」などの有名映画に出演し、主な代表作品はアカデミー賞を総なめにした。今やハリウッド女優には欠かせない存在となっている。

 

アンハサウェイのメイク方法

アンハサウェイ メイク

美人すぎると話題で、こんな顔になりたいと憧れる女性も多いだろう。
彼女のメイクは元々目鼻立ちがハッキリしているため、際立てるためだけのナチュラルメイクなのである。
だがそんな彼女に少しでも近づけるようなアンハサウェイ風メイク方法を紹介していく。

目力アップのアイメイク

アイシャドウはグレー系を使用しアイホール全体にのせていく。
外国人特有のアイホールのくぼみを演出したい場合は、二重の幅より少し上のところにダークのアイシャドウで影を作ると良いだろう。

下まぶたも同様にグレーのアイシャドウを目頭の部分だけ残し、目尻にかけてのせる。
アイラインは太めに描いていき、目尻は跳ね上げライン。そして目頭にほんの少し目頭切開ラインを入れると目力もアップする。

まつげはバサバサ感が重要なので、自まつげで補えない時は、つけまつげでボリュームアップすると良いだろう。上まつげも下まつげも束感が出るように、マスカラを立てて塗るのがコツだ。
もう少し外人風にしたい場合はブラウンのカラコンを入れるとより外人風メイクに仕上がる。

キリっとした眉

上向きの太めの眉なのでスクリューブラシで毛流れを上向きにとかしてから、ペンシルで眉山をしっかり描き眉尻は若干下げる。長さは自分の眉毛よりも長くすることを意識して描くと良いだろう。
しっかりした眉なので、ブラウンの眉マスカラではなくまつげ用のマスカラで調整しながら描くと自然な毛流れができるので外国人風の眉メイクには必須なのである。

ぷっくりリップ

口角がクっと上がった綺麗な口元はまさに女性の憧れだ。
そして日本人とは違ったボリュームのある唇も魅力的である。

彼女のリップメイクはナチュラルで簡単である。
まずリップを筆に取り丁寧に塗っていき、下唇は少し分厚めに塗る。また、彼女の唇は横に長いので唇の際まで丁寧に塗ると良いだろう。最後にグロスで少しだけツヤを出して完成だ。

アンハサウェイの髪型

アンハサウェイ 髪型

破格のベリーショートからセレブなロングヘアまで、なんでも似合うので憧れる女子も多いはず。
可愛さの中にかっこよさもある彼女の髪型を紹介していく。

・セレブリティな内巻き

大きめのカールできちんとまとまっており、ドレスにぴったりの上品な髪型である。
大きめのカールを作る時は、太いコテを使い、顔周りから順番に全部内巻きで巻いていく。
その時巻き始める位置がだいたい同じくらいになるように意識するとスタイリングしやすいのでGOOD。
巻いた後はバラバラになったカールを一つにまとめるようにワックスやムースなどで、内巻きの流れに沿って包み込むようにまとめると完成だ。

・女性らしいパーマスタイル

定番のボブにパーマをかけた可愛さ溢れるこのヘアスタイルは、女子は一度はやってみたい髪型ではないだろうか。
パーマをかける事で絶妙なボリュームが出て、シルエットがふんわりするので女性らしく男性ウケも間違いなしだ。
ストレートに飽きてきたらパーマを当ててイメチェンしてみるのも良いだろう。

・ボーイッシュなベリショ

映画の役作りのためにここまで短いベリーショートにしたという生き様までもかっこいい彼女。
今までの女性らしく可愛い髪型とは正反対で、このベリーショートはボーイッシュであるが可愛さも忘れてはいない。そしてなりよりもおしゃれにアレンジしている事でベリーショートに挑戦する女性も増えたのではないだろうか。
ベリーショートには小顔に見せる効果もあるので個性的好きな女子には必見の髪型だ。

・パーマ×アップヘア

この髪型はパーマを当てているのでこれだけのボリュームが出ているが、ストレートヘアでも十分真似できる可愛いアレンジだ。
前髪は思い切ってアップし、カールの流れに合わせてウェーブを作るイメージでスタイリングする。
周りの人と少し違った、個性あるおしゃれな髪型になること間違いなしだ。

アンハサウェイの私服

アンハサウェイ 私服

映画「プラダを着た悪魔」で魅せたファッションセンス同様、プライベートでも大人可愛いコーデにセンスが光る。
私服ではフラットな靴でおしゃれにキメることが多いが、シンプルな中にもさりげなく女性らしさをアピールしていて参考になるものばかりだ。

一番左の私服はギンガムチェックのスカートが存在感ばっちりの上品なコーデだ。
トップスは胸元がざっくり空いているのと、お腹がチラっと見えるのがセクシーである。大きいハットが全体を引き締めておりまとまりがある。
カラーもおとなしめなので、派手になりすぎないので真似しやすいコーデではないだろうか。

次の私服はイエローのカットソーにホワイトデニムを合わせた清楚なコーデだが、あえてスニーカーを履くことでラフ感が出ている。
スニーカーもコーデに合わせてイエロー×ホワイトをチョイスするあたりがファッションセンスの高さを感じる。
持っているコーヒーまでもコーデの一部に見えてしまう程おしゃれな私服だ。

次の私服はモノトーンコーデでトップスのジグザグ柄がアクセントになっていてかっこいいコーデだ。
バッグにブルーをもってくることでクールな印象に。ラフなクロップドパンツはどんなファッションにも合うので、一枚は持っていて損なしのアイテムだ。
トップスはElla Mossのものを着用している。

最後の私服は白シャツにピンクのプリーツスカートで女性らしいコーデかと思いきや、手に持っているのはブラックのレザージャケットで今流行りの甘辛MIXコーデになっている。
大人可愛い女性を目指す女子には必見のコーデではないだろうか。

 

アンハサウェイのダイエット方法

元々スレンダーではあるが、映画の役作りのためにダイエットに励んでいるようだ。
力強いキャラクターの時は筋力アップを中心にしたダイエットをして、病弱なキャラクター時はとことん追い込み最低限のカロリーしか摂取せずに野菜ばかり食べていたそうだ。

その他には現在でも体型維持のためにジムやヨガに行っている。
食生活では野菜中心の生活を心がけ、オートミールペーストを一日に二枚しか食べずに二週間で7キロの減量にも成功している。

彼女の食生活のダイエットはかなり過酷で、あくまでも役作りで死んでいくように見せたかったためにここまで追い込んでいる。真似する場合は様子を見ながらした方が良いのかもしれない。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です