血流を良くするには?原因、リスク、効果について


櫻井翔

血流を良くするには?原因、リスク、効果について

 

テレビや雑誌などでよく、おすすめ血行改善方法や血流を良くしましょう!などと推奨されていますが、それはなぜだと思いますか。血流が悪いとどのようなことが起こりやすくなるのか、また、血行不良にはどういった原因が考えられているのかなどをこの記事では解説していきます。

 
  • 血行不良の原因

まずは、なぜ血流が悪くなるのでしょうか。それは一つではなくさまざまな原因がありますが主な原因は下記です。

  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 加齢
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 汗をかかない
  • ハイヒールや締め付けられた靴を履くことによるむくみ
 
  • 血流が悪くなることでのリスク

血流不良の症状としては、主に下記のようなカラダのサインがあります。

冷え、便秘、肩こり、骨、脳、疲れやすい、眼精疲労、腰痛・関節痛、薄毛、ニキビや吹き出物の増加、生理痛や生理不順。

このように、現代人ではほとんど全員がこの中のどれかの症状で苦しんでいるのではないでしょうか。自分では気が付かない内に血流が滞っていて、もしかするとそれが原因かもしれません。

 
  • 血流改善のおすすめ方法

 
  • 同じ体勢でいないようにする
長時間座っているよりも、理想は数十分おきに席を立ちましょう。  
  • ウォーキング

特にふくらはぎの筋肉を使うことは血流改善へつながります。エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使う用にするところから始めてみましょう。

 
  • お風呂に入る

シャワーだけでなく、浴槽に入りカラダを温めること、またお湯による水圧、浮力の作用によって全身の血液循環が促進されます。

 
  • 自分の血流環境を知る

現在では血流を計る機器には多くの種類があり、指先を機械に当てるだけで血流が測定できるものや血圧と血行を一つの機械で計れるものなどさまざまあるので、一度自分の血流状況を知ってみるのも良いかもしれません。

 
  • ストレッチをする

筋肉が緊張しこわばることにより血流は悪くなるため、それをほぐすことによって血流改善が見込まれます。

 
  • カラダを冷やさない

全体を通して言えるのは、やはりカラダを温めることは血流改善だけでなく健康なカラダ作りにおいて何より重要になります。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です